JH1YTU のご紹介


* 開成学園(東京都荒川区、開成中学・開成高校)のアマチュア無線への取り組み

・ 開成学園としてのクラブ局は、JA1YSD (物理部無線班 ペンケンクラブ)がありますが、それとは別に、同期入学の学生たちが学年ごとに個別のクラブ局を開局している年度がありました。

・ 昭和44年度(1969年)に 開成中学に入学の生徒たちが、同じ学年だけの生徒によるクラブ局 JH1YTU (スヌーピークラブ)を 昭和46年(1971年)に構成員9名で開局(会長 JE1BQE 根日屋英之)しました。

・ 昭和44年度入学組が開成学園を卒業した後は、根日屋英之が JH1YTU の無線局免許の更新を続けています。無線局の設置場所を 昭和62年(1987年)に、株式会社アンプレット(現在はその子会社の アンプレット通信研究所)内に変更し、令和2年(2020年)にクラブ局名をアンプレット ハム クラブと改名し、現在に至ります。



* JH1YTU の活動について

・ 子供たちに「科学の面白さ」を知ってもらうため、実験を主体とした勉強会の開催をしています。

・ アマチュア無線の移動運用 : 国内では、千葉県いすみ市、東京都の高尾山など、海外では、マリアナ諸島サイパンから KK6RT/KH0 のコールサインで運用を行いました。

・ 私たちは、子供たちがアマチュア無線を通して科学に興味を持てるような楽しい活動を続けます。将来、この子供たちの中から科学者になる人が出てくることが、私たちの楽しみでもあります。

アンプレット ハム クラブ JH1YTU

会長 根日屋英之 JE1BQE / JA9QZH

第1級アマチュア無線技士、工学博士

Copyright(c) AMPLET Communication Laboratory All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system