JH1YTU

アンプレット ハムクラブ

● アンプレットハムクラブの概要

アンプレット通信研究所の概要

 アンプレット通信研究所は、無線通信に関する 技術コンサルティング を業務とする、二人の工学博士が経営する民間研究所です。アンプレット通信研究所は、前身の株式会社アンプレットが 1987年9月9日 に会社が設立されて以来、他社からの資本導入を受けず、自己資金による無借金経営 を続けています。


* 研究所名 : アンプレット通信研究所 (2017年以降)

(1987年 ~ 2017年 株式会社アンプレット)

* 所在地 : 東京都台東区

* 業務内容 : 無線通信技術に関するコンサルティング業務

* 所長 : 工学博士 根日屋英之

* 副所長 : 工学博士 塚本信夫(有限会社 DSP技研 代表取締役

JH1YTU "スヌーピークラブ" は1971年に開局

 開成学園(開成中学/開成高校)には、物理部に JA1YSD ペンケンクラブというクラブ局がありますが、昭和43年(1968年)に入学した物理部部員の方々が、その学年の親睦を深めるために、JA1YSD とは別に JH1YGS 「スペースハムクラブ」を開局しました。

 その1学年下の昭和44年(1969年)入学組で、物理部部員以外でもアマチュア無線を愛する仲間との交流の場を作る目的でクラブ局を開局しようということになり、JH1XMM、JR1MTF、JR1MUT、JE1BME、JE1BQE、JE1FZD、JE1IXC、JE1SUF、JF1FZI により、昭和46年7月に JH1YTU 「スヌーピークラブ」を JE1BQE 根日屋英之宅を設置場所(上野駅の近くの東京都台東区)として開局しました。

令和元年(2019年)に JH1YTU の社団局の名称を変更いたしました。

 昭和50年(1975年)に、JH1YTU メンバーは開成学園(開成中学/開成高校)を卒業しましたが、JH1YTU の免許は、根日屋英之(JE1BQE)により、継続されました。昭和62年(1987年)9月に、根日屋英之は、無線通信機器の設計会社の株式会社アンプレット(現在のアンプレット通信研究所)を、東京都台東区で設立し、JH1YTU の無線局の設置場所を、株式会社アンプレット内に移し、現在も、アンプレット通信研究所の所員により維持、運営が行われています。

 昭和46年(1971年)に開局された JH1YTU も、平成、令和と3つの時代で運用を続けています。令和元年(2019年)11月6日の JH1YTU 定例理事会にて、アンプレット通信研究所内に開設している JH1YTU 社団局の名称を、「スヌーピークラブ」から「アンプレットハムクラブ」に変更し、定款の変更を行いました。引き続き、アンプレットハムクラブ JH1YTU を、宜しくお願い申し上げます。


JH1YTU の姉妹クラブ

JA1YSD ペンケンクラブ OB のみなさまへ

[QTC] 現在、JA1YSDの現役、OBを結ぶ連絡会「アマチュア無線 開成会」の事務局を JE1BQE 根日屋が仰せつかっております。開成学園の現役、OBのアマチュア無線の免許を有する方、(コールサインの無い方や局免許を失効してしまった方も含め)、本ホームページからメールでご連絡ください。

Copyright(c) AMPLET HAM Club (JH1YTU). All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system